女の人

流行している憧れの二重になりたい|整形に必要な費用に合わせて選ぶ

手術のために知りたい

女医

プチ整形の代表

美容外科で行なわれる施術の中で、最も人気なのが二重にする整形手術です。その中でもやはり埋没法はかなり人気がある施術であるといえるでしょう。そのため、気軽に受ける人も多いのですが、受けるならその前にあらゆる情報を調べておくことが大事です。どういった手術をしているから費用も安いのか、二重にすることができるのか、それを確認することで他の施術との違いを知ることができるからです。

費用が安くなる秘密

なぜ埋没法は費用が安くなるのかというと、それは施術の手数を極力抑えて二重を実現しているからです。埋没法では糸と手術用の針を使用しますが、糸で二箇所、もしくは三箇所まぶたを留める作業をするのみです。要するにまぶたが開いたときに、自然とまぶたが二重に折りたたまれれば良いので、糸でまぶたを結ぶだけで済むのです。切開することもありませんし、施術の時間も10分程度で済ませることができます。医師の手間がかかればかかるほど、施術に対する費用は高くなっていきます。それに加えて、使う薬剤や材料が多いほど整形手術全体にかかる費用は高額になるのです。この施術時間と、使用素材を両方究極まで削減している施術であるため、埋没法はとても安いのです。

手術の流れ

そんな手術方法ですので、末広型の二重にしたい、幅の狭い二重にしたいと考える人には合っている方法だといえます。では、カウンセリングもして手術が決定すればいよいよ手術となりますが、このときどんな流れで整形手術が進められるのかも、概要だけは知っておいた方が良いでしょう。手術で痛みを感じないように、事前に局所麻酔をします。全身麻酔をすると拒否反応が大きくなる可能性が高くなるのですが、局所麻酔なので負担を最大限に軽くすることが可能になっています。そして手術になりますが、専用の細い糸を使うので、目を閉じた状態でも全く目立たないようにしてくれます。最大四ヶ所を留めることができますが、留める箇所が多くなるごとに費用が高くなることもありますが、手術前にしっかり相談してくれます。留めるために少し切開することになりますが、これはまぶたの表裏をしっかり固定するためにも必要なことです。固定しているので自然なまぶたの状態に整形することができますし、将来的に元に戻したいというのであればそれも可能です。